Powered by Radar Relay
Powered by Radar

トークン経済のための基盤作り

トークン経済のための基盤作り

トークンの取引所は成長を妨害する障害物に直面しています。例えば、セキュリティリスクをも たらす中央化された流動性のプール、トークン間の流動性が低いこと、ブロックチェーンの膨張 化を招く不必要もしくは重複したトランザクション、イーサリアム エコシステムの不確実性と 断片化をもたらすベストプラクティスの欠如などです。

トークンの取引所は成長を妨害する障害物に直面しています。例えば、セキュリティリスクをも たらす中央化された流動性のプール、トークン間の流動性が低いこと、ブロックチェーンの膨張 化を招く不必要もしくは重複したトランザクション、イーサリアム エコシステムの不確実性と 断片化をもたらすベストプラクティスの欠如などです。

現在、トークンの取引所には2つの形式があります

現在、トークンの取引所には2つの形式があります

集中型

集中型の取引所は全ての資産と取引の記録を1つの組織の管理下に置いているため、危険が伴い ます。ユーザーは取引所によって所有され、運用されるウォレットに資金を預けなければなりま せん。悪意のある人間は取引所を閉鎖し、全ての資産を持ち逃げすることができますし、技術的 な問題が資金の移動と取引のダウンタイムを発生させることも、最悪の場合は資金の消滅を招く こともあるでしょう。規制の変化によって資産が凍結される可能性もあれば、取引所が単一障害 点となるために、ハッカーは容易に脆弱性を突くことができます。

集中型

集中型の取引所は全ての資産と取引の記録を1つの組織の管理下に置いているため、危険が伴い ます。ユーザーは取引所によって所有され、運用されるウォレットに資金を預けなければなりま せん。悪意のある人間は取引所を閉鎖し、全ての資産を持ち逃げすることができますし、技術的 な問題が資金の移動と取引のダウンタイムを発生させることも、最悪の場合は資金の消滅を招く こともあるでしょう。規制の変化によって資産が凍結される可能性もあれば、取引所が単一障害 点となるために、ハッカーは容易に脆弱性を突くことができます。

分散型

分散取引所のオーダーブックはブロックチェーン上に分散しています。しかし、分散取引所はト ークンをオープンではないスマートコントラクトに固定してしまいます。これはスマートコント ラクトを作成し、デプロイし、監査し、メンテナンスする分散取引所のチームだけを信頼するこ とになります。オーダーブックをブロックチェーンに書き込むことにより、分散取引所はブロッ ク生成時間を遅らせる原因となる大量のトランザクションを生成します。そして、エコシステム 全体に不要な負荷をかけることになるのです。

分散型

分散取引所のオーダーブックはブロックチェーン上に分散しています。しかし、分散取引所はト ークンをオープンではないスマートコントラクトに固定してしまいます。これはスマートコント ラクトを作成し、デプロイし、監査し、メンテナンスする分散取引所のチームだけを信頼するこ とになります。オーダーブックをブロックチェーンに書き込むことにより、分散取引所はブロッ ク生成時間を遅らせる原因となる大量のトランザクションを生成します。そして、エコシステム 全体に不要な負荷をかけることになるのです。

モジュール式の取引ネットワーク

モジュール式の取引ネットワーク

モジュール式である、という0xプロトコルの性質により、これまで「取引所」とされて来たもの はバラバラに解体されます。もはや取引所は1つの主体ではなく、取引のためのプロトコル ( ス マートコントラクト )、ウォレット、オーダーブック、さらに多くの独立して動作するアプリケ ーションにより構成されるエコシステムとなります。

モジュール式である、という0xプロトコルの性質により、これまで「取引所」とされて来たもの はバラバラに解体されます。もはや取引所は1つの主体ではなく、取引のためのプロトコル ( ス マートコントラクト )、ウォレット、オーダーブック、さらに多くの独立して動作するアプリケ ーションにより構成されるエコシステムとなります。

なぜこれが重要なのか?

なぜこれが重要なのか?

1. 分散アプリケーションに依存しない

0xのようにオープンな取引プロトコルは、誰にでも使うことができるということを意味します。 これによって、集中的な権威に頼ることなく、信頼でき、独占的でなく、コミュニティの合意に よって改善される標準をイーサリアム エコシステムの中に作ることになるのです。

2. トークンは所有者のもとに

トークンを中央の組織によって所有されるウォレットやスマートコントラクトに預ける代わりに、トークンの所有者は各々のイーサリアム ウォレットを使って直接取引を行います。 取引のプロトコルは単にブロックチェーン上で取引を行うためのツールを提供し、リレーヤーは 注文を探したり、発注したり、約定するための場所を提供します。

3. オフチェーンのリレー、オンチェーンの決済

セキュリティを担保するため、注文はトークンの所有者によって暗号学的に署名されます。しか し、全ての変更が完了するまで注文がブロックチェーン上に送信されることはありません。この ように、最終的な結果のみを送信することによって、ブロックチェーンの肥大化を防ぎます。

4. 流動的資産の移動のためのN:Nトークンペア

0x 取引プロトコルによって、どのような種類の組み合わせでも取引を行うことができ、トーク ンを他のトークンと交換するためにETHと交換する必要は無くなります。より少ない変換によっ て、より少ないネットワークトラフィックと取引手数料が実現され、より簡単に新しい実用品を 手に入れることができます。

5. ネットワーク化された流動性

相互に補い合う形の取引ネットワークは、全ての個人が持つウォレットを分散化された流動性の 供給源とすることで、集中化された流動性プールを時代遅れにします。様々なオーダーブックと 複数のトークンの所有者が共有されたプロトコルを使ってやりとりすることができ、第三者の仲 介で取引を行うことも資産のコントロールを失うこともありません。

1. 分散アプリケーションに依存しない

0xのようにオープンな取引プロトコルは、誰にでも使うことができるということを意味します。 これによって、集中的な権威に頼ることなく、信頼でき、独占的でなく、コミュニティの合意に よって改善される標準をイーサリアム エコシステムの中に作ることになるのです。

2. トークンは所有者のもとに

トークンを中央の組織によって所有されるウォレットやスマートコントラクトに預ける代わりに、トークンの所有者は各々のイーサリアム ウォレットを使って直接取引を行います。 取引のプロトコルは単にブロックチェーン上で取引を行うためのツールを提供し、リレーヤーは 注文を探したり、発注したり、約定するための場所を提供します。

3. オフチェーンのリレー、オンチェーンの決済

セキュリティを担保するため、注文はトークンの所有者によって暗号学的に署名されます。しか し、全ての変更が完了するまで注文がブロックチェーン上に送信されることはありません。この ように、最終的な結果のみを送信することによって、ブロックチェーンの肥大化を防ぎます。

4. 流動的資産の移動のためのN:Nトークンペア

0x 取引プロトコルによって、どのような種類の組み合わせでも取引を行うことができ、トーク ンを他のトークンと交換するためにETHと交換する必要は無くなります。より少ない変換によっ て、より少ないネットワークトラフィックと取引手数料が実現され、より簡単に新しい実用品を 手に入れることができます。

5. ネットワーク化された流動性

相互に補い合う形の取引ネットワークは、全ての個人が持つウォレットを分散化された流動性の 供給源とすることで、集中化された流動性プールを時代遅れにします。様々なオーダーブックと 複数のトークンの所有者が共有されたプロトコルを使ってやりとりすることができ、第三者の仲 介で取引を行うことも資産のコントロールを失うこともありません。

0x プロトコルとやりとりする2つの方法

0x プロトコルとやりとりする2つの方法

ピアツーピア

ピアツーピア

トークンの所有者はトランザクションをブロックチェーン上に送信するために第三者の介在を必 要としません。ユーザーは 0x プロトコルのスマートコントラクトを使って注文を作成し、SNSや TV CM、紙に書くといったどのような方法でも広告することができます。他のトークンの所有者 が注文を引き受けたいと思った時は、単純にオーダーを受け取って 0x プロトコルのスマートコ ントラクトを使って取引を完了させるだけで良いのです。間にはさまるものは必要ありません。

トークンの所有者はトランザクションをブロックチェーン上に送信するために第三者の介在を必 要としません。ユーザーは 0x プロトコルのスマートコントラクトを使って注文を作成し、SNSや TV CM、紙に書くといったどのような方法でも広告することができます。他のトークンの所有者 が注文を引き受けたいと思った時は、単純にオーダーを受け取って 0x プロトコルのスマートコ ントラクトを使って取引を完了させるだけで良いのです。間にはさまるものは必要ありません。

オーダーリレーヤー

オーダーリレーヤー

お互いのニーズがぴったりくる相手を自分で見つけるのは難しいかもしれません。このような場 合に、リレーヤーとして知られる2番目のピアツーピア ネットワークが登場します。リレーヤー は一切のトークンを預かることも、ユーザーが署名していない注文を適切とみなすこともありま せん。

お互いのニーズがぴったりくる相手を自分で見つけるのは難しいかもしれません。このような場 合に、リレーヤーとして知られる2番目のピアツーピア ネットワークが登場します。リレーヤー は一切のトークンを預かることも、ユーザーが署名していない注文を適切とみなすこともありま せん。

トークン化された未来

トークン化された未来

ブロックチェーンはまだ幼年期と言えます。未来のトークン経済では、地球上のあらゆる実用的 サービスや商品にアクセスするために取引のプロトコルがなくてはならないものとなるでしょう 。このプロトコルがあることによって、複数の分散アプリケーションが協調的に動作して流動的 な取引を行い、モジュール化されたサービスを提供することができます。これは新しい取引所の 誕生などではありません。未来の経済に向けた第一歩なのです。

Radar Relay

Trade the Network with Radar Relay.

Open App